スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHLのオールスター!

前回、アイスホッケーだ、NHLだ、とアイスホッケー専門店をご紹介しましたが、
NHLの話でもう一つ。

日本のプロ野球やJリーグでもあるように、
NHLでも毎年オール・スターの試合が開催されます。
All-Star Weekendとして、その開催地は大盛り上がりです。


今シーズンのオール・スター・ゲームの開催地は、カナダの首都オタワでした。

シーズンが始まったころから、
すでに「オールスターはオタワだよー!」というちょっとした盛り上がりがありました。
そして、1月に入り、その盛り上がりも絶頂へ。

街を歩いていても、ポスターや広告、いろいろなものが目に入りました。
市民バスの外観もNHLオール・スター仕様だったほどです。
(バスは10月頃から、たまーに見かけたかな。) 

そして、空港ももちろん例外ではありませんでした。

イベントの開催は1月の26~29日の4日間でした。

その週の初めに空港に行った時に写真を撮ってきました。
NHLオール・スターの旗が飾られていました。

P1243451.jpg 

オタワは、フランス語と英語のバイリンガルの都市なので、仏英2言語バージョンがありました。
(首都ということもあり、とても厳しいバイリンガリズムなんです。) 
アップで撮影しやすいものがフランス語バージョンしかなかったのですが、赤と黒2種類ですね。
NHLもフランス語だとLNHです。
 
P1243456.jpg P1243459.jpg  

そして、1月26日。オール・スターのイベントの初日。
まず最初のイベントとして、
すっかり凍ってスケート場と化したリドー運河上をキッズ・ホッケー・プレイヤーが
NHL関連の様々なトロフィーを持って行進しました。


P1263465.jpg 

スタンリーカップをはじめとしたいろいろなトロフィーが見れるということで、
私も張り切っていってきました。「トロフィーの行進」ということで、
なんとなく「ちょ~っとした厳かな雰囲気のパレードかなぁ」と勝手に想像していただけに、
子供たちとその親による笑っちゃうほどのどかな行進で、思わず笑って見てしまいました。
良く言えば「のどかな雰囲気」、悪く言えば「やっぱりカナダらしいダラダラ感」でした(笑)。

P1263471.jpg 

トロフィーの名前が書かれた紙を持つ子供。
ソリに乗ってトロフィーを抱える子供。
そのソリを押す子供や大人たち。その周りを滑る子供。
そして、自分の子供たちについて歩く(滑る)親たち。

「のどかだわ~」以外の何もありません。
トロフィーを抱えながら寝ちゃっている男の子もいました(笑)。
子供たちは、自分の好きなチームや選手のジャージを着ていてかわいかったです。
 
P1263481.jpg 

ちなみに、もう一度言いますが、ここは運河の上。
運河が凍って、スケート場になっています。

P1263473.jpg

そして、最後に登場したのは、NHLの優勝カップ「スタンレーカップです。
選手のみならず、ファンにとっても特別なスタンレーカップです。
夏に一度オタワ大学に遊びに来て(?)一般公開されたスタンレーカップですが、
半年後、こうやって再びオタワにやってきました。 

スタンレーカップの周りの人だかりはすごかったです。
私もじっくり見たかったのですが、人の影で見えなかったりで、大変でした。
P1263486.jpg  

でも、なんとか写真にもおさめました!これ↓ ↓ ↓です!

P1263489.jpg 

そして、Mackenzie(マッケンジー)の橋を過ぎたところが終着地点で、
その後イベント開始の挨拶などがあったようです。

P1263490.jpg 

最後に、オタワで現在開催中のWinterlude(ウィンタールード)という冬の祭典の
ゆるキャラです。名前はわかりませんが、クマさんです。
カワイイゆるキャラです!(「ゆるキャラ」って言いたいだけ。)

P1263491.jpg  

All-star weekendは大変な盛り上がりでした。
NHLのスーパースター達がチームの垣根を越えて、
楽しく技術披露のコンテストや試合を見るのは、本当に楽しかったです。

来年のオール・スターの試合は、アメリカのオハイオ州コロンバスです。



「カナダ情報」のランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。


台数限定特価★レビューを書いて送料無料♪【TSAロック搭載】【1年保証】超軽量★鏡面仕上げ★...

レビュー記入で粗品進呈♪ ひったくり、落下、紛失予防のチェーン付き *旅行用品/旅行便利グ...

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

ドクターシーラボ

スポンサーサイト

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

アイス・ホッケー専門店:Pro Hockey Life。

カナダの国技といえば、アイスホッケー
カナダではアイスホッケーは本当に人気です。

2010年のバンクーバー五輪での男女アイスホッケーの決勝の白熱した試合は
記憶に新しいでしょう。
カナダ中が盛り上がっていました。
(あ、男子決勝の場合、相手がアメリカだったというのもいつも以上に盛り上がった理由かもしれませんが。笑。)

NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)のチームもカナダ国内には7チームあります。
東からモントリオールのCanadiens(NHL唯一のフレンチのチーム)、
オタワのSanators、トロントのMaple Leafs、ウィニペグのJets、
カルガリーのFlames、エドモントンのOilers、バンクーバーのCanucks
です。


そして、そのNHLを支えるアイスホッケーの3大ブランドが
Bauer、CCM、Reebokです。
(他にもブランドはありますが、この3つは特に大きい会社だと思います。)

Bauerはもともとオンタリオ州キッチナーで設立。(現在、本社はアメリカにあるみたい。)
CCMもともとオンタリオ州(トロントの近く)で設立。(現在の本社はモントリオール。)
Reebokは他のスポーツにおいても有名ですね。

詳しいことはわかりませんが、
破産したり、買収したり・されたり、でいろいろあったりして、
2大主要ブランドとしては、BauerとCCMが挙げられます。(お互いライバル同士。)

 P2063422.jpg P2063423.jpg  
          Bauer                   CCM
P2063424.jpg
                      Reebok

スポーツ用品店に行けば、必ずアイスホッケーのコーナーがあるのですが、
アイスホッケー用品だけを取り扱う大型店といえば、
Pro Hockey Lifeです。 ↓ ↓ ↓ 

P2063420.jpg

私がこれまで行ったことある店舗は2か所のみですが、
どちらも店内はとても広かったです。

そして、ほんとうにホッケー、ホッケー、アイスホッケー用品のみ取り扱っています!
スケート靴、ヘルメット、スティック、手袋、防具、ジャージ、ホッケー用バッグ、
な~んでもあります!

もちろんスケート靴の種類も豊富です。
やっぱりBauerとCCMのブランドのものがほとんどでした。
下の写真も靴売り場の一部です。良い物になると400-600ドルなんて普通なんですね。
びっくり!
スケートをただ楽しむ人のためにフィギュア・スケート靴も置いてあります。

P2063428.jpg

ゴーリー(ゴールキーパー)の防具だってあります。
なんか、部室みたいな雰囲気がありますね(笑)。

P2063429.jpg

カナダ贔屓ってだけで何の根拠もなく
「BauerとCCMがいいなー。」と思っちゃいそうですが、
Reebokのセクションも広く人気です。

P2063430.jpg

ホッケー用品だけでなく、NHLのグッズもとっても豊富です!
他のスポーツ用品店(例えば、Sports Check やSports expert)と比べても量が違います。

P2063427.jpg

全チームのジャージーもどーんと飾ってあります。(逆行がきつい。)

P2063425.jpg

そうそう、NHL以外のチームのTシャツなどもありましたよ。
カナダ以外の国のナショナルチームとか欧州のプロ・チームとか。


子供、幼児用の洋服もたくさんあります。かわいいですねー。
場所柄、オタワやモントリオール、ボストン、ワシントンなど
東部のチームが多い感じがしますね。

P2063434.jpg

ジャージもサイズがいろいろあっていいですよ。
子供用・女性用サイズ・タイプは、あまり置いてないお店もありますから。
女性だったら、子供サイズのL/XLがちょうどいいと思います。

P2063435.jpg

とにかく、アイス・ホッケーONLYのショップです。
ホッケーはしなくても、NHLが好きだったり、スケートするのが好きだったりすれば、
ここはちょっとした天国。歩き回るだけでもとっても楽しいです。

P2063426.jpg 


アイス・ホッケー用品やNHLグッズをお探しの際は、
Pro Hockey Lifeがお薦めです。
アイス・ホッケー専門店ですから、なんでもあります!



店舗:Ottawa) Kanata, Kitchener, Whitby, Hamilton 
Oakville, Vaughan Mills(モール内)、Heartland(ミササガ)。
オンタリオ州以外だったら、
ケベック州、ノバスコシア州、マニトバ州、アルバータ州にあります。
P2063421.jpg
[参考]
Bauer      http://www.bauer.com/


「カナダ情報」ブログに参加しています。
応援クリックが更新の励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

カナダ旅行お土産品★1着までメール便可★アイスホッケーユニホームTシャツ赤

ドクターシーラボ

Oisix(おいしっくす)

【20%OFF】【初回研磨無料!】BAUER(バウアー) SUPREME ONE20 JR(ジュニア) アイスホッケ...

【30%OFF】CCM(シーシーエム) CCM 02 ユース アイスホッケースケート靴 ☆研磨無料☆

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

Tim Hortons のバレンタイン・ドーナッツ。

ひさしぶりにTim Hortonsに行きました。

Tim Hortonsとは、カナダのドーナツ&コーヒー屋さんです。
日本でいうミスドです。

多くのカナダ人に愛されるお店で、カナダ全国あちこちにあります。

2月に入り、季節限定のドーナツが登場しました。

それがSweet Valentine Donutです。

P2053440.jpg  

ハートの形をしたかわいいドーナツです。
チョコーレートのフォンダンに赤や白、ピンクの粒粒がかかっています。
ストロベリーっぽい味がしました。

Tim Hortonsのウェブサイトの写真だと、白い粒粒は少なく、
赤やピンクでもっとかわいかったです。
こんなに白が多くてどうしたんだろう。最近雪が多いから、それを表現したのかしら。

ドーナツの中にはラスベリー・ジャムっぽいものが入っていました。
とっても甘ーいドーナツです。

バレンタインの季節限定なので、興味がある方は急いでTim Hortonsへ!




カナダ情報のランキングに参加しています。
応援クリックをしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

安心食品宅配Oisixから、お得なおためしセット【送料無料】

直行便がなくても、乗継でおトクに! 乗継割引 新登場!

2月10日9:59までポイント10倍!【4,980円以上で送料無料!】(海外土産・カナダ土産 カナダお土...

花くらす*野菜くらす

ドクターシーラボ

トロントニアン?

カナダ(オンタリオ州)は一気に寒くなりました。
まだ街のあちこちできれいな紅葉が見られますが、
この寒さとなると、「あぁ、冬が近づいてきているな・・・」と感じます。

今日は、カナダの住民の呼称について書こうと思います。

東京生まれの人のことを「江戸っ子」と呼んだり、
北海道出身の人のことを「道産子」と呼んだりしますよね。

同じような地域による呼称がカナダでもあります。

上記の例とちょっと違うのが「出身」というよりは、
「その土地に住む住民」の呼び方だったりします。(もちろん出身者も含みますが。)
(ニューヨーカーとかパリジェンヌみたいな。)

有名なのが、Torontonian(トロントニアン)。

これは、何っ子のことでしょう?

......。



そう、トロントっ子のことです。
トロントの住民のことをTorontonian(トロントニアン)と呼びます。

カナダの首都、オタワの住民であれば、Ottawan(オタワン)。
なんだかちょっぴりダサい感じがするのですが、そんなことろがオタワらしい(笑)。
(違う言い方をするということも聞いたことがありますが・・・。)


他にも、
エドモントン(Edomonton)の住民
→ Edmontonian(エドモントニアン)。

ニューブランズウィック州のモンクトン(Moncton)の住民
→ Monctonian(モンクトニアン)。

サスカチュワン州のサスカチュン(Saskatoon)の住民
→ Saskatonian(サスカトニアン)。

カルガリー(Calgary)の住民
→ Calgarian(カルガリアン) 

共通点として上記の呼称、
すべて-an(アン)-ian (イアン)で終わっています。

-(i)anは、「~に住んでいる(人)、~に属する(人・もの)、~に住んでいる(人)」
などという意味を持つ接尾辞であり、名詞に付きます。


~アンじゃない呼称もあります。

モントリオール(Montréal)の住民
→ 英語だと、Montrealer (モントリオーラー), 
  フランス語だと、男性の場合Montréalais(モリオレェ))
  女性の場合 Montréalaise (モリオレェズ) (フランス語の発音、カタカナにしにくいです。)

英語-er も「~に住む人」という意味の接尾辞。
フランス語の場合、-ais/-aiseが「~人」や「~に住む人」などの意味を持つ接尾辞。
例えば、日本人だとJaponais(e)(ジャポネ/ジャポネーゼ)とか。
(東京の白銀の奥様達は、「シロガネーゼ」ですよね!)


わたし個人的に全く知らなかったのは、Vancouverite(バンクーバーライト)。
へ~。耳にしたことは一度もないのですが、バンクーバーライトなんですね。
-ite(-アイテ/-アイト)も「~の人」という意味の接尾辞です。)

同じく、Banffの場合も -iteが付いて、Banffite(バンファイト)。

ついでにもう一つ、オンタリオ州北東部のTimmins(ティミンズ)という町の住民は、
Timminite(ティミナイト)。
(ちなみに、ティミンズはウィンザー生まれのシャナイア・トゥエイン
が育った場所です。)


個人的にお気に入りなのが、マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)の場合・・・。
Winnipegger(ウィニペガー)
略して、Pegger(ぺガー)もありです!


ウィニペグの冬は、もんのすごく寒いことで有名なのですが、
「ウィニペグ」と「極寒の冬」をかけてWinter-peg(ウィンター・ペグ)
と言ったりもします。Winter-pegger (ウィンター・ぺガー)なーんていうことも。

というか、
ウィニペグ出身いやマニトバ州出身者以外が、みんな言いたい放題な気がします(笑)。



日本だったら、「江戸っ子」などの特別なもの以外は、
福島県民とか、横浜市民とか、杉並区民とか、小浜町民とか、
「~民」を地名に付けるって感じですよね。

でも、カナダだと、地名の語尾によって後に続く接尾辞も異なり、
いろいろなタイプの呼称ができちゃうんですね。



みなさんは上記の呼称を聞いたことがありますか。
他に、何かご存知ですか。

カナダ各地のお住まいの皆さん、皆さんの呼び名は何ですか?
「この町の人は、自分たちのことをこう呼ぶ!」などありましたら、
ぜひ教えてください。



おまけで、ある大学のキャンパス内の紅葉。きれいです。

PA221645.jpg 


「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
トロントニアンも、エドモントニアンも、江戸っ子も、秋田小町も、シロガネーゼも
みなさんに応援クリックをしていただけると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。


365日【最低価格保証】カナダ・トロントの人気&おすすめホテル☆

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引






RootsのTシャツ。

またまたご無沙汰してすみません。
ワイナリーの紹介をしたいのですが、
その前にちょっとだけお土産にいいかもしれないTシャツの紹介をさせてください。

カナダのアパレル・ブランドといえば、

Roots(ルーツ)。   (http://canada.roots.com/)
                


主にカナダの大自然をイメージしたアウトドア系のファッションが主ですが、
他にも革のバッグ、靴、腕時計、ヨガウェアなど様々の商品が揃っています。


以前は、カナダのオリンピックチームの公式ユニフォームを作っていました。
(1998年から2004年。)
なかなかいいユニフォームでしたよ。
お隣アメリカのオリンピックチームの公式ユニフォームも作ったこともあります。

また、その後のオリンピックやFIFAワールドカップ開催時は、
各国の国旗などを入れたパーカーやTシャツ、バッグなどを販売したりします。
その中にはもちろん日本のもあるんです。


そんなRootsで最近販売しているTシャツがこちら↓。

カナダ全国をあらわしたTシャツ。
都市名、各地の有名なもの、カナダに住む動物などでいっぱいです。
かわいい~!

DSC03781.jpg
個人的に、右上の「Parlez-vous français?(フランス語話せる?)」「Oui Oui! (はい、はい!)」
というのがかわいくて、おもしろいです。

Canadaの文字がキラキラのストーンのようなもので飾られているこのパターンは$38。
全く同じもので、キラキラがないパターンは$36です。


そして、カナダ全国版だけかなぁと思っていたところ、
首都オタワ版もありました。

DSC03782.jpg

オタワ版のほうは、メープルの葉っぱに大きくOttawa。
そして、観光名所などがたくさんです。
かわいすぎるー。

オタワ版はこの1種類のみです。

そうそう、脇の縫い目のところもそてもかわいいです。
太目の糸でバッテン風の縫い目になっています。
(カナダ版のTシャツの写真でそれが少し見えます。)

他の都市バージョンもあるのでしょうか。
今のところ、モントリオールとトロントではそれぞれのバージョンをみかけていません。

どちらのTシャツも見ていて、「そうそう、カナダ、カナダ!」「うんうん、オタワっていったらこれ(ここ)よねー。」
みたいな感じで盛り上がってしまいそう♪


お土産にぴったりじゃないですか?
もちろん、お土産といわず、カナダで普段着としても着たいですね。



「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
プロフィール

ユッコッコー

Author:ユッコッコー
こんにちは。
ガイドブックにあまり載っていないようなカナダの旅情報や生活情報を発信!どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
カナダの商品。
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ANA WEBフリープラン
組み合わせ自由な海外旅行
1.出発空港
2.行き先
地域
都市
3.往路出発日
 
4.復路出発日
 
5.座席クラス
6.人数
大人(12歳以上) 子供(12歳未満) 幼児(2歳未満)
7.部屋タイプ/部屋数
1名1室
2名1室
3名1室
カナダ生まれのLululemon。
検索フォーム
カナダ関連商品。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Flag Counter
free counters
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。