スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中のアートがトロントに集結。


トロントで1
0月28日から11月1日(月曜)まで、     
The 11th Toronto International Art Fair
Metro Toronto Convention Centre(コンベンション・センター)にて開催中です。

art fair
(ウェブサイトより。)

毎年開かれているイベントで、今年で11回目。
初回から出展ギャラリー数と来場者数がどんどん増えており、
今年はなんと世界107のギャラリーが集まりました。

カナダ全国はもとより、ニューヨーク、英国ロンドン、その他、日本、ベルギー、
デンマーク、スペイン・・・。今年は世界13カ国だそうです。
世界中のアート・ギャラリーに、世界中のアーティスト達の作品が展示されています。

DSC01763.jpg

コンベンションセンター内でも一番広い会場が
数え切れないほどのアート・ギャラリー(のブース)でいっぱいです。

ギャラリー巡り・美術館巡りが大好きな方はきっと興奮してしまうに違いありません。
(実際私がそうでした。ドキドキが止まりませんでした!)

DSC01771.jpg

どこを歩いても、どこを見ても作品ばかりです。

こちらはオタワにあるギャラリー、Cube Gallery。 
DSC01765.jpg

こちらは英国ロンドンからのWoolff Gallery。
DSC01777.jpg

そして、こちらは日本からの唯一のギャラリー、台東区にあるGallery Coexist。
DSC01774.jpg
(Coexistのウェブサイト http://www.coexist-art.com/


あまりに広く、見るものが多すぎて、
ゆっくり見るのであれば、2~3時間は必要でしょうか。
疲れてしまっても休憩エリアがあるので、ドリンクや軽食と共に一休みできます。


DSC01781.jpg

ギャラリーのオーナーさんやスタッフさんとお話ができますし、
もちろん気に入ったのがあれば即座に購入も可能です。

芸術系雑誌の出版会社のブースもあり、お得な値段で定期購読を申し込むことができます。

DSC01783.jpg

この広い会場全体が「美術館」。いやいや、「芸術の街」ですね。

11月1日までの開催。現在カナダ・オンタリオで30日の正午過ぎですので、
まだまだ時間はあります。(両日とも正午から午後6時までです。)

お時間がある方、興味のある方、ぜひ素晴らしい芸術作品に囲まれながら、
リラックスした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。


ちなみに入場は、
無数のフラッシュと歓声の中、レッドカーペットを歩きます。
人が通るとセンサーが感知して、フラッシュがたかれ、歓声が聞こえるんです。
遊び心満載で、おもしろいなぁ。

DSC01756.jpg


The 11th Toronto International Art Fair

<ホームペーッ時> http://www.tiafair.com/ 
<入場料>  一般:16ドル   シニア・学生(要ID):14ドル  

上記のホームページにて、
ギャラリーのリストや展示される作品が載ったカタログを見ることができます。
(会場で購入する場合25~30ドルほどしたと思います。)



Toronto Metro Convention Centre

255 Front St W
Toronto, Ontario
(416) 585-8000
ホームページ: 
mtccc.com

行き方:Union駅を出て西へ徒歩5分。
または、CNタワーに向かって歩いてください。CNタワーの麓です。


map convention venter


コンベンション・センターにとても近いホテルは、
コンベンション・センターに隣接したInterContinental Toronto Centre、
ユニオン駅向かいのFairmount Royal York、
CNタワー・スカイドームすぐそばのRenaissance Toronto Hotel Downtown。

他には、キング・ストリートのHyatt Regency Toronto、
Hilton Toronto、Sheraton Centre Toronto Hotelなどです。



「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると嬉しいです。どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Second Cupのカップがかわいくなりました。

カナダ生まれのコーヒーショップ、Second Cup(セカンド・カップ)。

カナダ全国にあります。(※スタバのカナダ・バージョンです。)

Second Cupの通常のテイクアウト用のカップはこんな感じです。 
茶色で、フツー。                    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

second cup brown
この写真はホームページから拝借しました。(http://www.secondcup.com/eng/35_years.php


でもSecond Cupは季節によって、カップのデザインを変えるんです。
とてもかわいくなります。
(季節といっても、クリスマス前後でしょうか。11月ごろからしばらく。)
去年のクリスマス時期は、緑だか赤だか、ものすごくクリスマス模様になります。
他にも別の時期に違うパターンがあったような気がするのですが、今思いつきません。


で、最近また新しいパターンになりました。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

second cup

このパターンは、今まで見たこがとありません!
新バージョンのようです。2種類の花が描かれています。
一つはユリっぽい感じがするのですが、どうでしょう。
ユリの紋章のケベック州を思い出します。なんとなくですが。

個人的に、このパターンすごく好きです。上品な感じがするし、とてもかわいらしいです。


ちなみに、
Second Cupは、1975年に誕生し、今年35周年だそうです。


先日、家のポストにフライヤーが入っており、それにミニカードがついていました。

そのカードを持参すれば、1975年の「75」ということで、

ミディアムサイズのコーヒーが75セント(税込み79セント)です。

そして、1975年の「19」ということで、19杯、75セント(税込み79セント)です。
(11月15日まで有効。)

嬉しい~。しかも、
1ドル渡して、おつりの21セントをチップ(代金の25%!)の瓶に入れちゃえば、
誰でも「太っ腹!」になれます(笑)。

カナダ在住のみなさん、ポストにフライヤーが入っていませんでしたか?



ちなみに、個人的に2つ気になる点があります。

まず、Second Cupのすぐ近くには必ずスタバがあるような気がするんです。
思いついただけ、書きます。

-トロント Queen Street W x John Street 交差点
-トロント 地下鉄KING駅そば。
-トロント Bay Street x College Street 周辺
-うちのすぐ近く。

「目と鼻の先」という距離感を保ち続けるセカンド・カップ(加)とスタバ(米)。

カナダにお住まいのみなさん、みなさんのご近所ではいかがですか。
カナダ旅行をされる方、片方を見つけたら、もう片方がないかぜひ探してみてください。
すごく気になります!

といっても、まぁ、人が多いエリアには、セカンド・カップやスタバに限らず、
コーヒー屋さんってとりあえずありますよね。
(カナダに限らず。日本でも。ドトールとか。)

セカンド・カップもスタバも戦略の一つ(しかも、基本中の基本?)として、
「にぎやかなところには出店!」ってことなのでしょう。
気にすることでもなさそう(自己解決。)


それからもう1つ。
昔東京に住んでいた時に、Second Cupを見かけたような気がするのですが、
気のせいでしょうか。ホームページを見ると日本にはなさそうのですが。
吉祥寺(旧・三越の1階)にあったような・・・。でもあれは、タリーズ・コーヒーかなぁ。


・・・・・・。

なんだか話がまとまらず、すみません。

とにかく、今、

セカンド・カップのテイクアウト用カップがとてもかわいいです。



[参考]
http://www.secondcup.com



「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると嬉しいです。どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

楽しく、おいしい朝食なら、Empire Grill。

カナダの首都オタワにあるレストランです。

EMPIRE GRILL

Empire Grill


ここでは、こんなおいしそうな食事を楽しめるんです。

aDSC01519_20101026103136.jpg


 カナダのレストランでメニューを見るとびっくりするのが、お値段。
レストラン(やスーパーマーケット)での物価は日本より高いと思います。

例えば日本でランチというと、
 「サラダ、メイン、デザート&コーヒー」のセットは1200~1500円ぐらいでしょうか。
 
 ここカナダではなかなかそうはいきません。
また、味や量の割に「えーこんなに高いの~!」なんていうこともしばしば。
 
そんな中、このEmpire Grillは貴重です。
 味も満足、お値段も満足。
 もちろん安くはありませんが、
「こんなに満足できてこのお値段いいっ!」という感じなのです。

 改めてお気に入り・お薦めをご紹介します。


① ロブスター・オムレツ(LOBSTER OMELETTE $14)

このメニューを初めて見たときの印象としては、
 「えー!オムレツにロブスター?しかもここオタワで?」でした。
(※オタワは海はありません。運河と川のみ!)
とても気になって注文すると、大当たり。

Empire Grill

大きなオムレツの中にロブスターの身がたっぷりはいっています。
 しかもプリプリ♪
 場所柄もちろん新鮮なロブスターではない(= 冷凍)と思いますが、十分おいしいです。
 Empire Grillに行く度に注文してしまいます。
 ぜひ食べていただきたい1品です。
 

② ブレックファースト・ピザ(BREAKFAST PIZZA $15)

Empire Grill 

「朝からピザ!?!」とビックリですが、
トマトやベーコン、そして朝食らしくスクランブルエッグがのったピザなのです!

 そしてスモークしたブリ・チーズがたっぷりです。
フレッシュ・バジルものっていて食べ応え満点です。
 すごくおいしてくほっぺたが落ちちゃいました。


③ ブレックファースト・プーティン
          (BREAKFAST POUTINE $12)


「プーティン」とはケベック生まれの食べ物で、本来のプーティンとは、
フライドポテトに、Cheese Curds(チェダーチーズ)、
そしてその上にグレイビーソース
をかけた、
それはそれは不健康な(笑)食べ物です。(私の大好物でもありますが。)
 ふつう、朝一番に食べるようなものではないです(笑)。

 このEmpire Grillオリジナルの朝食用プーティンがこちら↓。

Empire Grill

ホームフライにチーズ・カーズ(Cheese Curds)に、
たっぷりのスクランブル・エッグとベーコン。

そして、グレイビーソースのかわりに、hollandaise(オランデーズ)ソースです。
ピザ同様、すっかり朝食スタイルになっています。


④ 桃とクリームチーズのフレンチ・トースト
 (PEACH AND CREAM CHEESE STUFFED FRENCH TOAST $12)

   ラズベリー・ソース付です。

Empire Grill

ボリュームたっぷりのデザートです。
フレンチ・トーストというと、すごく甘いイメージがあるのですが、
このフレンチ・トーストはそうではありません。
桃とクリームチーズの組み合わせがよく、甘酸っぱいラズベリー・ソースとも相性ばっちりでした。


⑤ ポートベロきのこのフォカッチャ
       (GRILLED PORTOBELLO FOCCACIA $13)


Empire Grill

きのこのフォカッチャって何だろうとおもったのですが、
大きなポートベロきのこがフォカッチャにはさまっているのです。
ポートベロきのこの大きさがまるでハンバーグのよう。そして、フォカッチャ。
噛み応え満点です。
きのこ好きの方にはたまらないでしょう。

ちなみに、フライド・ポテトもブレックファーストメニューでのホームフライも、
とても美味しいです。

オタワ(またオンタリオ?)でも選りすぐりのポテトかもしれません。


 ⑥ 二日酔いドリンク (Hangover Drinks 各$5)

4種類ありますが、私がいつも飲むのはMimosa(ミモサ)です。
でも、下の写真はKir Royal(キール・ロイアル)です。(たぶん・・・。すみません!)

mimosa.jpg


私はまだブランチやランチメニューしか食べていないので、
いつかディナーを食べてみたいです。
 その機会があったら、またここでご紹介しますね。

また、上記のメニュー以外もきっととてもおいしいはずです。
もしEmpire Grillで食事されたことがある方がいらしたら、
ぜひお薦めを教えてください。




 Empire Grill

47 Clarence St

 Ottawa, ON K1N 9K1
 Tel. (613) 241-1343
 ホームページ: http://www.empiregrill.com/  (←音楽が流れます。)

行き方: バイワード・マーケット(Byward Market)」内にあります。

Empire Grill


トロント、ナイアガラやモントリオール、ロレンシャン地方を回るツアーの場合、
オタワに1日(または半日)寄ると思うのですが、その際、
ツアーバスは(だいたい)青い丸の辺りに停まります。
みなさん、マーケットでにぎわう赤丸の辺りを一周されるのがほとんどなのですが、
そのバスを降りたところからの最初の道を北に歩き続け、
Claremence Streetに突き当たると、Empire Grillがあります。
歩いていくと、まさに上の写真の景色が見えてきます。
バスを降りた集合場所から徒歩5分です。



ランキングに参加しています。
クリックをしていただけると嬉しいです。どうもありがとうございます。

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ユッコッコー

Author:ユッコッコー
こんにちは。
ガイドブックにあまり載っていないようなカナダの旅情報や生活情報を発信!どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
カナダの商品。
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ANA WEBフリープラン
組み合わせ自由な海外旅行
1.出発空港
2.行き先
地域
都市
3.往路出発日
 
4.復路出発日
 
5.座席クラス
6.人数
大人(12歳以上) 子供(12歳未満) 幼児(2歳未満)
7.部屋タイプ/部屋数
1名1室
2名1室
3名1室
カナダ生まれのLululemon。
検索フォーム
カナダ関連商品。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Flag Counter
free counters
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。