スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンタリオ湖のビーチ

前回ちょっとだけ紹介したCharles Daley Park。(前回の記事はこちら。)
ビーチもあります。

オンタリオ湖(Lake Ontario) のビーチです。

 DSC04217.jpg 

この日は本当に暑かったです。
水温はというと、けっこう高かったです。
水は全然冷たくなく、逆に温かいというくらい。
私は泳ぎませんでしたが、泳いだら気持ちよかっただろうなぁ。

DSC04218.jpg 


ちなみに、ここ、オンタリオ湖を挟んでトロントの反対岸あたりなんです。
なので、天気がいいと、トロントのほうが見えます。


下の地図。

青い丸で囲ったあたりがこのビーチがあるところ(Charles Daley Park)です。
このあたり、または緑の丸で囲んだあたりを車で走っていると、
とても天気がいい日には向こう岸が見えるんですよ。

実は、この日、ハミルトン(Hamilton)のあたりを走っているとき、
トロントが見えました。
トロントだとわかった理由はもちろんCNタワーです。

写真も撮ったのですが、私の小さいデジカメじゃ、見えるトロント/CNタワーが小さすぎて
写真としては記録できませんでした(涙)。
でも、それくらい目を凝らさないとわかりません。

私、今回初めて見ることができたんです。なので、とても嬉しかったです。


lake ontario 


もちろん、トロント側からも天気がいい日はハミルトンなどが見えます。
ハミルトンには大きなメタル工場がたくさんあるので、それが見えるんです。

私、以前、トロントのToronto City Airportから写真を撮ったのがあるので、
そのうちここでも紹介したいと思っています。
(あー写真どこ行ったかなー!パソコン内探さないと!笑。)




スポンサーサイト

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

おいしいチーズなら、Upper Canada Cheese Company!

チーズ好きの方に・・・
ナイアガラ地方産のとってもおいしいチーズの紹介です!

ワイナリーが多い地域に、ぽつりとチーズ屋さんがあります。

Upper Canada Cheese Company

                     アッパー・カナダ・チーズ・カンパニー

ここのチーズ、絶品です。
Creekside Estate Wineryのカフェで、ワインと一緒にここのチーズを食べて以来、
すっかりはまってしまっています。

DSC04193.jpg 

お店の中に入って、さっそく試食させてもらいましょう。

DSC04210.jpg 

このUpper Canada Cheeseで絶品だと思うのが、
Niagara Gold(ナイアガラ・ゴールド)

オカチーズ風の柔らか系チーズです。
ナッツやバター風味があって深い味わいでおいしいです。
HPによると、貯蔵室で5ヶ月じっくり熟成させるそうですよ~。

去年、このチーズと出会って以来、ワイナリー巡りをする際は必ずこのお店に立ち寄り、
Niagara Goldを購入するというのが定番となっています。

もうほっぺたが落ちちゃうほどのおいしさなんです。落ちちゃってもいい!
本当にゴールドなお味です。

DSC04200.jpg 

これ↓がナイアガラ・ゴールドです!
ゴールドじゃないけれども、オレンジ色の外皮のチーズです。

DSC04202.jpg 


カビのチーズもありますよ。
私、以前カビ系のチーズが好きではなかったのですが、去年ここのチーズを食べて
初めてカビ系もイケル!って思いました。
まだまだ苦手なチーズも多いですが、ここのカビ・チーズならおいしくいただけます!

DSC04199.jpg 


そして、この夏からの新商品が、Cottage Gold (コテージ・チーズ)

ナイアガラ・ゴールドのチェダーチーズ版という感じかな。
見た目は似ているけれども、外皮はナイアガラ・ゴールドよりも薄い色。

食べてみると、全然違います!
ナイアガラ・ゴールドよりも、柔らかくしっとりしています。
もうちょっと塩加減がある感じかしら。そして、口の中で溶けちゃう♪
もちろんほっぺたが落ちゃいます。


Upper Canada Cheeseの大好きなチーズが2種類にもなり、嬉しい限りです。
(もちろん、他のチーズもおいしいんですけどね。)

試食させてもらって、購入したいお気に入りのチーズを見つけたら、
奥にある冷蔵庫↓から自分で取り出して、レジで購入します。


DSC04206.jpg 


店内(そんなに広くないですが)をウロウロしていて発見した個室!
大きな窓があり覗いてみたら、こんな景色!!!
チーズ!チーズ!チーズ!
見た目見ていますが、外皮の色とか、やっぱり違いますね。
この部屋には少なくても3種類のチーズあるようですね。
Niagara Gold、Cottage Gold,そしてComfort Cream(コンフォート・クリーム)でしょうか。

DSC04204.jpg 

右見ても、左見ても、上見ても、下見ても、チーズだらけ。
よだれが出ちゃいますね。
この部屋に入ってみたい願望がおさまりません。

DSC04207.jpg 


ちなみにこんなかわいい牛さんたちがおいしいチーズのためにがんばってくれているみたいです。
写真は、Upper Canada Cheese Companyのウェブサイトから拝借しました。
だって、牛さんたち、かわいすぎるから、紹介せずにはいられません!




チーズだけでなく、チーズとワインのお供になるような商品もたくさん売られています。

DSC04208.jpg 

バゲットとチーズにぴったりなジャムもたくさん!

DSC04209.jpg 

チーズのパンも売られてました。おいしそう・・・。
他にも手作りバゲットなども販売されてますよ。

DSC04196.jpg 


ということで、
チーズ(2種類)とバゲット、アプリコットジャムを購入して、いざ即興ピクニック!
オンタリオ湖に面した公園+ビーチCharles Daley Parkに向かいました。


DSC04211.jpg 

芝生の上にすべて並べ、ムシャムシャいただきました。
天気もいいし、オンタリオ湖の景色もいいし、チーズもバゲットもジャムもおいしいし、
この上ない幸せで一杯です。(でも、ちょっと暑すぎる!)

DSC04213.jpg 


ナイアガラの滝、ナイアガラのワイナリー巡りのついでに、
ぜひUpper Canada Cheese Companyに寄ってみてください!

このお店(本店)だけでなく、オンタリオ州内でここのチーズを取り扱っているとことは
多いようなので、見かけたらぜひ食べてみてください。

ほんとうにおいしいですよ。


Upper Canada Cheese

4159 Jordan Road, Jordan Station Ontario L0R 1S0
Tel. 905 562 9730
Email. info@uppercanadacheese.com

開店時間:日曜~木曜 午前10時から午後5時まで
金曜と土曜 午前10時から午後6時まで
オンタリオ州内でUpper Canada Cheeseのチーズが手に入る場所の一覧は・・・
http://www.uppercanadacheesecompany.com/page/where-to-find-our-cheeses


DSC04201.jpg 

Upper Canada Cheese Companyへの行き方:
ハイウェイ(QEW)を出口55番で降りて、そのままJordan Roadを南下します。
Honsberger AvenueとRed Maple Streetの間にあります。
(Red Maple Street寄り)

Charles Daley Parkへの行き方:
Upper Canada Cheese CompanyからJordan Roadを
北上します(ハイウェイ方向)。
ハイウェイを越えたところのNorth Service Roadで右折します。


cheese = park 



「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

Thirty Bench Wine Markers

Thirty Bench Wine Markers    
サーティー・ベンチ・ワイン・メーカーズ




DSC04052.jpg  

Thirty Bench Wine Markersは、
ナイアガラ地方のワイン産地の一つBeamsville Benchにあるワイナリーです。

DSC04050.jpg 


下の写真、葡萄畑が美しいです♪

このワイン産地Beamsville Benchが、ナイアガラ地方の他の産地と違う点は、
葡萄が急な傾斜地で育っているという点だそうです。
その傾斜のおかげで、
葡萄の成長に影響を与える水だとか空気の流れが他の産地とは違うとのことです。

このThirty Bench Wine Markers。
スタッフさんが「Small Lot Rieslingを得意よ!」と明言していました!
というのも、
傾斜のどの位置・区画(Lot)で葡萄が育つかによって、造るワインも違うそうです。
味とか香りに違いが出てくるんですって。

スタッフさんも外の葡萄畑の区画をいくつか指差し、こっちの葡萄では○○、あっちのほうでは△△、
といったふうに説明してくれて、「ほ~」と納得。
でも、どこがなんだか覚えてはいないので、
気になる方は直接聞きにぜひワイナリーに行って聞いてください(笑)。


DSC04053.jpg 


かわいらしいコテージって感じですね~。


DSC04057.jpg 


中に入ると、まず、ティスティングのカウンター(バー)。
ここでは、写真にある3本のワインのみ試飲できます。

DSC04061.jpg 

ここでは、簡単なサービスのみです。
もっとゆっくり ティスティングを楽しみたい方は奥のティステイング・バーで。

DSC04065.jpg 

ワイナリー開館時間:

7月1日~10月31日 午前10時~午後6時。
11月1日~6月30日 日曜から金曜は、午前11時から午後5時まで。 
          土曜は、午前10時から午後6時まで。


DSC04063.jpg 


ワイナリー・ツアー

1)試飲(4種類のワイン)+施設見学:午前11時半から午後5時半まで30分毎。10 ドル。

2)  リースリングのVineyard見学(4種類のリースリングの試飲有り):
 土日の午後1時と3時のみ。10ドル。
   
ホームページ内の予約のページに詳しい詳細があります。こちら


DSC04068.jpg 

ちなみに、私が行ったのは、ロング・ウィーケンド最終日の月曜日でした。
土日に比べるとあまり混んでおらず、のんびりした雰囲気。
この日勤務のスタッフさんの数も少ない様子。
そして、私のほうも施設見学は特に希望していなかったので、
上記のツアー詳細とは関係なく、スタッフさんのお話を聞きつつ、
ワイン・リストを見ながら、興味あるワインをいろいろ選んで試飲させてもらいました。
お互い融通がきいた感じのティスティング形式となった感じで良かったです(笑)。


DSC04067.jpg 

それにしても、このティスティング・バー。
目の前、一面にワイン畑。気持ちがいいですね~。


まず、白ワインから試飲。
その後、赤ワインへ。

DSC04073.jpg 

最後のテイスティングは、もちろんアイスワイン。


DSC04076.jpg 

外にはベンチもありました。
こんな景色を眺めながら、ワインとチーズでピクニックしたら最高だろうなぁ。

DSC04078.jpg 


ショップのエリア。

DSC04059.jpg 

ワインのみならず、ワインに関連した商品も豊富です。
それにしても、こうやって見ても、背景の葡萄畑、きれいです。

DSC04058.jpg 

Thirty Benchのオリジナルのワイン・バッグ。
あまり他で見たことがないタイプでかわいいです。持ち手のところがおっしゃれー。
これを持って酒屋さんにワインを買いに行ってみたいですね~。

DSC04060.jpg 


左から、Riesling 2010、Small Lot Riesling 2010 (Triagle Vineyard)、
Small Lot Riesling 2010 (Steel Post Vineyard)

DSC04081.jpg  

真ん中のSmall Lot Riesling 'Triangle' Vineyardは、ピーチやメロン、ミカンの風味。
飲み終わり、口の中がジューシーな感じですっきり!

このワイン、All Canadian Wine Championships 2011で賞をとったみたいですよ。
"Best of Category"でDouble Gold Medalだそうです。
(この大会とか賞について私は何も知りませんが、そのように紹介されています。)

そして、右のSmall Lot Riesling 'Steel post' Vineyardも、レモン、パイナップル、
ピーチでとってもフルーティーです。甘い味わいです。

左のRieslingはフロントのバーで試飲ができました。
でも、どんな味だったか忘れちゃいました・・・(汗)。

他にも、印象に残っているのは、
タイやインドなどのスパイシーな料理にぴったりなワイン、
Small Lot Gewurztraminerを2種類。どちらも蜂蜜の味がして良かったです。


DSC04048.jpg 

土地の傾斜が葡萄の成長に影響を与え、それによってワインの味や香りが違ってくるって、
おもしろいですね。


その違いを味わいたい方、Thirty Bench Wine Markerへ行ってみてはいかがでしょう。




Thirty Bench Wine Markers

4281 Mountain view road, Beamsville, Ontario  L0R 1B2
T. 905.563.1698 
DSC04049.jpg 

行き方:King StreeをMount Ainview Roadで曲がります。
まもなくして、看板が見えてくるでしょう。

thirtybench.png 

(この記事の内容は2011年8月の情報です。)


「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。


テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ユッコッコー

Author:ユッコッコー
こんにちは。
ガイドブックにあまり載っていないようなカナダの旅情報や生活情報を発信!どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
カナダの商品。
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ANA WEBフリープラン
組み合わせ自由な海外旅行
1.出発空港
2.行き先
地域
都市
3.往路出発日
 
4.復路出発日
 
5.座席クラス
6.人数
大人(12歳以上) 子供(12歳未満) 幼児(2歳未満)
7.部屋タイプ/部屋数
1名1室
2名1室
3名1室
カナダ生まれのLululemon。
検索フォーム
カナダ関連商品。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Flag Counter
free counters
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。