スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中のアートがトロントに集結。


トロントで1
0月28日から11月1日(月曜)まで、     
The 11th Toronto International Art Fair
Metro Toronto Convention Centre(コンベンション・センター)にて開催中です。

art fair
(ウェブサイトより。)

毎年開かれているイベントで、今年で11回目。
初回から出展ギャラリー数と来場者数がどんどん増えており、
今年はなんと世界107のギャラリーが集まりました。

カナダ全国はもとより、ニューヨーク、英国ロンドン、その他、日本、ベルギー、
デンマーク、スペイン・・・。今年は世界13カ国だそうです。
世界中のアート・ギャラリーに、世界中のアーティスト達の作品が展示されています。

DSC01763.jpg

コンベンションセンター内でも一番広い会場が
数え切れないほどのアート・ギャラリー(のブース)でいっぱいです。

ギャラリー巡り・美術館巡りが大好きな方はきっと興奮してしまうに違いありません。
(実際私がそうでした。ドキドキが止まりませんでした!)

DSC01771.jpg

どこを歩いても、どこを見ても作品ばかりです。

こちらはオタワにあるギャラリー、Cube Gallery。 
DSC01765.jpg

こちらは英国ロンドンからのWoolff Gallery。
DSC01777.jpg

そして、こちらは日本からの唯一のギャラリー、台東区にあるGallery Coexist。
DSC01774.jpg
(Coexistのウェブサイト http://www.coexist-art.com/


あまりに広く、見るものが多すぎて、
ゆっくり見るのであれば、2~3時間は必要でしょうか。
疲れてしまっても休憩エリアがあるので、ドリンクや軽食と共に一休みできます。


DSC01781.jpg

ギャラリーのオーナーさんやスタッフさんとお話ができますし、
もちろん気に入ったのがあれば即座に購入も可能です。

芸術系雑誌の出版会社のブースもあり、お得な値段で定期購読を申し込むことができます。

DSC01783.jpg

この広い会場全体が「美術館」。いやいや、「芸術の街」ですね。

11月1日までの開催。現在カナダ・オンタリオで30日の正午過ぎですので、
まだまだ時間はあります。(両日とも正午から午後6時までです。)

お時間がある方、興味のある方、ぜひ素晴らしい芸術作品に囲まれながら、
リラックスした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。


ちなみに入場は、
無数のフラッシュと歓声の中、レッドカーペットを歩きます。
人が通るとセンサーが感知して、フラッシュがたかれ、歓声が聞こえるんです。
遊び心満載で、おもしろいなぁ。

DSC01756.jpg


The 11th Toronto International Art Fair

<ホームペーッ時> http://www.tiafair.com/ 
<入場料>  一般:16ドル   シニア・学生(要ID):14ドル  

上記のホームページにて、
ギャラリーのリストや展示される作品が載ったカタログを見ることができます。
(会場で購入する場合25~30ドルほどしたと思います。)



Toronto Metro Convention Centre

255 Front St W
Toronto, Ontario
(416) 585-8000
ホームページ: 
mtccc.com

行き方:Union駅を出て西へ徒歩5分。
または、CNタワーに向かって歩いてください。CNタワーの麓です。


map convention venter


コンベンション・センターにとても近いホテルは、
コンベンション・センターに隣接したInterContinental Toronto Centre、
ユニオン駅向かいのFairmount Royal York、
CNタワー・スカイドームすぐそばのRenaissance Toronto Hotel Downtown。

他には、キング・ストリートのHyatt Regency Toronto、
Hilton Toronto、Sheraton Centre Toronto Hotelなどです。



「カナダ情報」のブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると嬉しいです。どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユッコッコー

Author:ユッコッコー
こんにちは。
ガイドブックにあまり載っていないようなカナダの旅情報や生活情報を発信!どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
カナダの商品。
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ANA WEBフリープラン
組み合わせ自由な海外旅行
1.出発空港
2.行き先
地域
都市
3.往路出発日
 
4.復路出発日
 
5.座席クラス
6.人数
大人(12歳以上) 子供(12歳未満) 幼児(2歳未満)
7.部屋タイプ/部屋数
1名1室
2名1室
3名1室
カナダ生まれのLululemon。
検索フォーム
カナダ関連商品。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Flag Counter
free counters
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。